最先端のドローン空撮3D測量技術

(株)オカベメンテでは2016年よりドローン空撮3D測量の技術研究開発を進めると共に、全国各地での数々の業務実績を重ねながら、世界に誇る最先端のドローン空撮3D測量技術を確立してきました。

・高度解析や3Dトレース技術による高クオリティで低ファイルサイズの3Dモデル
・独自の画像解析技術によるトータルステーションと同等程度の精度(誤差数mm)
・成果目的や要求精度に最も適したドローン飛行・撮影技術(自律飛行アプリの開発)

  • DJI Inspire 2

(株)オカベメンテでの業務作業の流れ

ドローンによる地形測量

国土交通省が推進するBIM/CIMやi-Constructionに対応するため、(株)オカベメンテではドローン空撮写真の高度解析や3Dトレース技術によりモデリングした、高クオリティで低ファイルサイズの3Dモデルや、2D平面図・断面図の作成業務を実施しています。(従来測量技術に比べ数倍の作業効率と成果の幅広い利活用・高い品質)

ドローン空撮による3Dモデル事例
立入困難な断崖絶壁現場における平面図作成事例
ドローン・3Dスキャナを活用した地形測量事例

ドローンによる精度確認測量

独自の画像解析技術でトータルステーションと同等程度の精度(誤差数mm)を確立し、沖縄都市モノレール延伸工事や橋梁架設工事において、ドローン空撮写真による橋脚の支承座標・径間距離等の確認測量を実施しています。(従来のような足場工や高所での危険な測量作業を回避)

ドローン空撮事例(精度確認測量)
精度確認測量成果事例

標定点測量

ドローン空撮3D測量の精度を左右する標定点については多くの業務経験を基に、現場条件に応じた最適な標定点ピッチと配置計画を立て、スキャニングトータルステーションや軽量トータルステーション・デジタルレベル及びGNSS測量システム等を活用して、高精度の標定点測量を実施しています。

ドローン空撮による津波石・海食崖解析(研究開発)

琉球大学との共同研究として、糸満市のカサカンジャーと呼ばれる津波石や海食崖をドローン空撮した写真から、SfMソフト(PhotoScan)によって3Dモデル化した後、3Dデザインソフト(SketchUp)で断面処理して形状確認を行いました。今後これらのデータは、沖縄での過去の津波研究に繋げていきます。
(複雑な形状地形においては3Dスキャナよりドローン空撮の方が高い作業効率)

無人航空機(UAV)を用いた公共測量

国土地理院では、無人航空機(UAV:通称ドローン)を測量で使用できるように、「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」を作成し、2016年3月30日に公表、2017年 3月31日に改正しました。
(リンク → 無人航空機(UAV)を用いた公共測量:国土地理院

災害時協力協定

大規模災害時協力協定締結式那覇市役所と「災害時における無人航空機による災害応急対策活動(撮影・画像解析等)に関する協定書」を締結し、災害時において無人航空機(ドローン)による災害の状況把握(撮影及び画像解析等)と報告を実施することになっています。
(H28.11.28締結)

ドローン空撮アルバム

 

国土交通省・UAV及び地上レーザー測量における標準歩掛(参考)⇒  PDF