BIM/CIMへの対応

国土交通省での本格導入が進むBIM/CIM(地形・構造物等の3次元化)に対応するため、(株)オカベメンテでは設計・施工会社からの依頼に応じて、建設現場の施工ステップに沿った3Dモデリングや鉄筋の干渉チェック用モデリング、並びに完成イメージパース・施工シミュレーション動画等の制作業務を実施しています。

  • 橋梁上部工工事施工ステップモデル

 

施工ステップに沿った3Dモデリング

国土交通省の平成30年度のBIM/CIMの発注方針では、施工管理の効率化と監督・検査への連携を目的として「施工ステップ」に沿った3Dモデリングが求められていきます(本ページ最下段参照)。弊社で使用する3Dデザインソフト:SketchUpでは多様なレイヤ分け・シーン切りによって、多段階工程における施工ステップモデルを制作することが可能です。

鉄筋の干渉チェック3Dモデリング

上記同様に国土交通省の平成30年度のBIM/CIMの発注方針では、設計の効率化(図面間の不整合の解消等)を目的として「構造物の鉄筋干渉チェック」モデリングが求められます(本ページ最下段参照)。3Dモデルによる的確な照査によって、施工の手戻り防止や品質向上を実現することが可能です。

完成イメージパースの作成

住民説明会等におけるBIM/CIMモデルを活用した合意形成に不可欠な「完成イメージパース」は、SketchUpと連動したレンダリングソフトによってリアルなモデルを再現します。

施工シミュレーション動画の制作

SketchUpで制作した施工ステップモデルをアニメーション化した「施工シミュレーション動画」や、3Dモデルによる詳細な「配筋確認動画」は、地元説明会や発注者協議・工程管理・安全管理・品質管理等において幅広く有効活用して頂いています。

平成30年度のBIM/CIMの発注方針

国土交通省:平成30年度のCIMの実施方針より

国土交通省の「平成30年度のCIMの発注方針」では、”橋梁、トンネル、河川構造物、ダムなどの大規模構造物の詳細設計においてCIMの実施を原則対象とし、鉄筋の干渉チェックや施工ステップモデル等によって設計施工の効率化を図る。”ことが示されています。
(リンク → 第5回CIM導入推進委員会(平成30年3月6日):国土交通省

国土交通省によるBIM/CIMの推進と活用事例の紹介(鈴木浩一)
「(一社)沖縄しまたて協会:しまたてぃNo.85より転載」⇒  PDF

3Dデザインソフト:SketchUpダウンロードページへ ⇒  リンク