3Dモデルデータ軽量化のニーズと3Dトレース技術の概要

国土交通省が推進するi-Constructionにおいて活用されているドローンや3Dレーザスキャナによって得られた点群データを、BIM/CIM等での地形モデルとして利用するためには一般的に面データの3Dモデルを生成する必要がありますが、SfM解析ソフトで生成される面データは無数の三角形メッシュの集合体となっているため、データが非常に重くなりファイルサイズが数GBとなることも多く見られます。弊社ではこのような課題に対応するために、エッジを3Dトレースして一様な面を作成することによって、大幅なデータ軽量化に成功しました。

  • ドローン DJI Matrice 210 RTK
3Dトレースとは?
3Dモデルのエッジを単一ラインでトレースして一様な面を作成しデータを大幅に軽量化する技術
技術の独自性(弊社3Dトレース)
ファイルサイズを1/30~150に軽減した上で再びSfMソフトで写真テクスチャを貼り付けて鮮明化

漁港現場での活用事例

3Dトレースにより、ファイルサイズを826MBから30MBに軽量化出来ました。

山間現場での活用事例

3Dトレースにより、ファイルサイズを767MBから5MBに、面総数を1838078面から7346面に軽量化出来ました。

軽量化面データの土工ステップ活用事例

BIM/CIMソフトの中には現況地形を点群データで表示する事例も多く見られますが、弊社では3Dトレースで軽量化された「面データ現況地形と規定の床掘勾配面を交差させたモデリング手法」により、現況地形→床掘→構造物構築→埋戻 といった土工ステップを分かりやすく表現しています。