UAV搭載型レーザースキャナ YellowScan VX-20による3D測量

(株)オカベメンテでは2019年8月より、3D地形測量の更なる効率化・高精度化を目指して、UAV搭載型レーザースキャナ YellowScan VX-20を導入し、植生地域の3D地形もリアルに再現するUAVレーザー測量業務を開始しました。【UAV:無人航空機

・優れた精度(最大1cm)と点群の正確性(最高2.5cm)によるデータ取得
・世界最高水準の5パルス/1レーザー、100,000点/秒での高品質計測
・総重量3.0kgと超軽量(UAVヘリコプター:SKY-Heli もしくは UAV:DJI Matrice 600 Proに搭載)

  • YellowScan VX-20
UAVレーザー測量とは?
ドローン(UAV)空撮測量では困難な植生地域も再現できるUAV搭載型レーザースキャナによる測量
技術の独自性(YellowScan)
総重量3kgと超軽量ながら世界最高水準の高品質計測(5パルス/1レーザー、100,000点/秒)

植生地域における実証実験結果

植生地域(樹木密集地)においてUAVレーザー測量とUAV(ドローン)空撮測量及び横断測量を実施し、横断面図を比較したところUAVレーザーと横断測量でほぼ同じ断面データが得られ、UAVレーザー測量での植生地域の3D地表面の再現が確認されました。

点群データによる再現事例

再現された3D点群データは、2D断面図やBIM/CIMの地形モデルとして幅広く活用されます。

UAV搭載型レーザスキャナを用いた公共測量

国土地理院が作成したUAV空中写真による「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」(2017年3月31日改正)では、”UAV を用いた公共測量は、土工現場における裸地のような対象物の認識が可能な地区に適用することを標準とする。”となっており、植生地域での測量は対象としていません。これに対して2018年3月30日に公表された「UAV搭載型レーザスキャナを用いた公共測量マニュアル(案)」は、UAV撮影した空中写真には写らない【植生下の地表面の位置の把握】などに対応しています。
(リンク → UAV搭載型レーザスキャナを用いた公共測量マニュアル(案):国土地理院